2012年05月28日

マウントアダプター

日々の中、ゆるゆると写真を撮っております。
ちょっと試してみたいこともできまして、最近は中版の二眼レフを持ち出して撮る機会が増えてます。


そんななか、マウントアダプターを譲って頂けるという幸運がありました。
とても嬉しい…ありがとうございましたっ。

で、こちらですっ!!

って、マウントアダプターの写真を載せたかったのですがそういやまだ撮ってない…
いやちょっとただいまセッティングして絶賛試し撮り中で、D80に装着しとるものでして。
セッティング崩したくないけどブログは書きたいという(苦笑

譲っていただいたのは、ニコンFマウントにM42スクリューマウントのレンズが取り付けられるものです。
余談ですがM42と言うかM42スクリューマウントと言うかプラクチカマウントと言うかいつも悩む…

うちにはこのマウントのレンズが4本あります。すべて単焦点。
Takumarの55mmF2と50mmF1.4と35mmF3.5、それにCOSINAの20mmF3.8。
今まではKマウントのマウントアダプターでPENTAX MEなどに装着して使ってました。
で、今回Fマウントというのが非常に嬉しいとこなのです。

うちにあるデジタル一眼レフは2台ともNikonなので。
Kマウントのボディ買おうかとも思ってたのですが、なかなか思い切れなくて…

なにはともあれ、これでTakumarをデジタルで思い切り試すことができるっ。
正直、フィルムでばしばし試し撮りするにはちょっといろいろ金銭的にも勇気が要りましたもので。

COSINAの20mmは、どうも内部干渉するらしく取り付けられませんでしたが、他3本は問題なく付きました。
どちらにせよCOSINA20mmにはマニュアルモードが無いから、取り付けられても絞りが動かせません。

ということで、三脚引っ張り出してブツ撮りスペースでっち上げ、試し撮り中です。

2-55f56up1.jpg
Super-Takumar 1:2/55 にて F5.6 1" ISO100

おおぉこんなになるのかぁ…
これは面白い。


これで、デジタルで使える単焦点レンズが一気に3本増えました。
いまのところ、SERIES-E 35mmがお気に入りの絵を作ってくれます。
このTakumar勢がどんな描写をしてくれるのか、とても楽しみです。

ぜひとも動物や風景を撮りに行きたい…

重ねて、譲っていただいてありがとうございました!!
posted by kaiki at 00:07| Comment(3) | TrackBack(0) | カメラ

2012年03月27日

いまだ、現像出せず…

先週の祝日、運の良いことにお休みを頂けたので、夜勤明けにそのまま撮影に行きました。

その日のお供は、OLYMPUS M-1にZUIKO AUTO-W 21mmとLeicaUfにLeitz Elmar50mm F3.5。
先日手に入れたNIKKORも試したかったのですが、今回は気分的にこっちでした。

向かった先は太宰府天満宮。きっと綺麗な梅に出会えるはず…と。

早朝から出向いたので、人の姿もまばらなうちに散策&撮影ができました。
良いお天気でしたし、とてもきもちよかったです。
難しいこと考えず、気の向くままにシャッター切れたのも久々で、良い気分転換になりました。

で、撮った写真を…と思うのですが。

まだ現像に出せていませんorz

その日に現像だせばよかったのですがなにせ夜勤明け、眠気に負けて直帰してしまったのが敗因です…

そうそう、最近はM-1とLeicaUfの組み合わせが特にお気に入りです。

LeicaUfにはILFORD XP2 superを詰めて体感露出。
OLYMPUS M-1にはカラーネガを詰めて露出計参考に設定を変える。

Leicaのレンズは3本とも50mmだから、その日行くところを予想して明るさを選びます。
ZUIKOはいくつか種類がそろっていますが、それもその日行くところを想像して選びます。

結果、両方とも50mmだったり、今回みたいに50mmと21mmという組み合わせになったりします。

両方とも小さくて軽いので、ふたつ肩に掛けていてもそんなに負担になりません。
D70とD80を両肩に下げて撮影してるときは、これはなんの修行だろうか?と思う時もありますが…

あと、この風景はこっちで撮ろう。と考えて切り替えるのもまた楽しいです。

まぁ、今回のように50mmと21mmを使っていると、それぞれを使う度に「せまいっ」「ひろいっ」と
驚いたりするのですが。

と、そんなこんなで撮影していたところ、同じく写真を撮りに来られていた方に声を掛けて頂きました。
バルナックライカをはじめカメラのお話をさせていただいたり、思いがけずも楽しい一幕でした。

http://blogs.yahoo.co.jp/kai731262a
こちらのブログを運営なさっている方で、毎日更新されていらっしゃいます。頭の下がる思いです…
日常の風景や飛行機、SLの写真など多数あり、見ごたえアリです。
posted by kaiki at 02:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月02日

とあるゆうがた

_DSC0001 (640x426).jpg


広角好きゆえに、こうやって、足元から頭の上までわーっと写り込むのがすきです。

この写真は18mmで撮ってます。フィルム換算27mmですね。

どうにも、デジタル表記になれなくて…つい35mmフィルムの画角で考えようとしてしまいます。
両方に慣れた方がよいのでしょうけれど。

広角好きなのですが、最近では50mmの出番が多かったりもします。
そのとき使うレンズを選ぶ基準というのが、自分の中でも割と曖昧…

あえて言えば、そのときの気分!!です(苦笑)
posted by kaiki at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Nikon D70

2012年03月01日

いつのまにやら

1年あっという間です。いつのまにやらそんなに経っていました。
いろいろあって更新途絶えておりましたが、ぼちぼち、再開です。

「写真を撮る」ということから見て、昨年はまったくだめでした。

撮りたい、と思った風景に出会えない。
今がチャンス!!と出向いても天気にそっぽ向かれたり、旅の予定が仕事でだめになったり。

加えて、自分の撮る写真がどれもつまらないものに思えてしまって、さらに写欲低下という。
本格的に写真をはじめてから8年経ちますが、おそらく一番シャッターを切ってない年でした…

今年…今年はどうなるでしょうか。
昨年の不調をいまだ引きずっているとこもありますが、もういちど始めようと思います。

気合を入れなおす!!というそんな大層な意味合いじゃありませんが、

AF NIKKOR 50mm 1:1.8 を購入しました。

D70とD80、F80で使ってるオートフォーカス対応のレンズはどれもズームレンズ。
単焦点の2本は、どちらもマニュアルフォーカス。

2本とも明るいレンズだし、写りも好きなのですが…マニュアルでは間に合わないシーンもあったり。
あとフィルム機のF80ですと、露出が利かないのも相まって、一発勝負だとちょっと恐ろしい。

そんなこんなで、オートフォーカス対応の単焦点を探しておりました。

今度、D80とF80の2台体制で、太宰府あたりへ撮りにいこうと思っています。
梅がきれいなはずです。そういえば今年は桜と梅が同じ時期に撮れるかもしれませんね。
posted by kaiki at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月02日

晴れた日

11win-07.jpg

11win-08.jpg

11win-09.jpg
posted by kaiki at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ

2011年01月01日

新年

新年です。あけまして、おめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。

いま、雪景色を撮っています。

でも、これだ!!というものが撮れずに難儀しております。

いろいろあると思いますが、
今年も、撮り続けます。


11win-02.jpg

11win-03.jpg

11win-04.jpg

11win-05.jpg

11-win06.jpg

11win-06.jpg

11win-01.jpg
posted by kaiki at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2010年11月14日

バッテリーホルダー

先日入手したα7000。
一台はお譲りするつもりでしたが、二台とも手元に残ることになりました。

ので、レンズやアクセサリー類をぼんやりと探していたのですが。

今回、バッテリーホルダーの「BH-70L」に出会いました。

7000-70L.jpg


ボディにつけたところ他
posted by kaiki at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2010年11月05日

MINOLTA α7000

7000.jpg


はい、久々の更新です。

今日はこのカメラ、MINOLTA α7000をば…

いつものごとく、夜勤明けのカメラ屋さんめぐりで見つけたジャンク品です。


ほんとに突然なのですが、ジャンクコーナーに並んでいたα7000、525円を見かけて。
「α、使ってみるか…」
と思い立ちました。

結局ボディ2台にレンズ1本、全部ジャンク品で揃ってしまいました。
計3.600円也。

外装は割れたり汚れたりですが、幸い液晶部分の液漏れはありません。
ミラーやフィルム室、モルトなども綺麗なもの。

電池室の液漏れや接点腐食を清掃してあげたら、2台とも快調に動き出しました。
レンズもホコリだらけでしたが、レンズ自体のダメージはほとんど無く割と綺麗。


今までミノルタのカメラには縁がありませんで…
α7000についても「AF化の先駆け」「αショック」くらいの知識しかありませんでした。

実際に扱ってみると、なかなか良い感触です。
ボタンやスイッチのフィーリングに好みが分かれるようですが、私は気に入りました。
AFとMの切り替えもすぐにできるし、感度設定や露出補正なども「左手でボタンを押し、右手で切り替え」というパターンでできます。

絞り優先、シャッタースピード優先、マニュアル、プログラムモードと全部搭載されている。
Pボタンを押せば一発でプログラムモードに戻せるし。

ファインダー内に情報が表示されますし、ボタンの位置さえ指が覚えてくれたら、ファインダー覗きながら操作できますね。


AFの速度は確かに遅いですが、いざとなればMに一発切り替えでマニュアルフォーカスすれば良いかなと…

このα7000、ガラスケースの中ではあまりお目にかからない気がします。
たいていジャンクとして、箱に放り込まれているパターンのようです。

発売当初はすごく人気があったようですが今ではこの扱い。なぜでしょう…


2台とも作動しますが、レンズが一本しかありませんので。
とりあえず1台目、早速試写してみようと思います。

ううん、こうなるともう一本レンズが…できれば単焦点が欲しい…気が。

この病気、どこまで進行するのやら…
posted by kaiki at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2010年09月13日

使っていて、とても楽しいカメラ

leica01.jpg


leica02.jpg


ついに、と言いますか。

購入してしまいました、バルナックライカ。

写真を始めると、ライカという名前にはいつかどこかで出会うのではないか、と思います。
私も、写真を始めてすぐの頃、ライカの名前に出会いました。
んで、様々な逸話と共に、バルナックライカに惹かれてしまいました。

いつかは使ってみたいっと思っていたカメラです。

購入までのいろいろ
posted by kaiki at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Leica Uf

2010年09月08日

気づけばいつのまにやら…

前回の尾道行きの記事から、すでに1ヶ月近く経とうとしてました…

ここ最近仕事が多忙で、なかなか記事を書く余裕が持てず。
書こうと思うことはそこそこあるのですが…
ううむ、時間のやりくりをうまくやらないと。

そんな中、以前から気になっていたことをひとつ済ませました。

手持ちのカメラでもお気に入り、OLYMPUS M-1なのですが。

譲って頂いたときの状態は、あまり良くありませんで…

ファインダー内のチリやごみ。
プリズムのかび。
巻き上げ時のひっかかり感。
あと、シャッターを変えるときにも多少ひっかかる感じ。
巻き上げノブの、プラスチック部分破損。

などです。

とはいえ、私の修理の腕でM-1をばらす勇気はありませんでしたので…

限定修理に出すことにしました。

オリンパスは、修理の対象外となっている昔のカメラでも「限定修理」というカテゴリで引き受けて頂けるケースがあります。

破損部品の交換などは不可ですが、清掃と調整を行ってくれる、というものです。
モルトの交換やファインダーの清掃などは、この限定修理で行ってもらえます。

カメラやレンズ一台につき、一律8.000円です。

整備してもそれほど状態が良くならない…と判断されたものに関しては、センターから「これこれこうですが、修理なさいますか?」と連絡が入ります。

今回のM-1も、修理確認の連絡が入りました。

とはいえ、現状より少しでも綺麗になれば…と、修理をお願いすることにしまして。

結果、かなり綺麗になって帰ってきました。
巻上げやシャッターも快適作動。
ファインダーも、かび跡などは残っていますが(ペンタプリズムを交換せねばならない=限定修理では部品交換は不可)、チリなどは綺麗に掃除してくれています。


修理対象外のカメラでも、条件付とはいえ修理を受け付けてくれるというのは、うれしいものです。
オリンパスさん、本当にありがとうございました。
posted by kaiki at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ